秋のソーセージ祭りを思い出す!

三度飯39 ソーセージ祭り

あけましておめでとうございます。

今日はお正月三が日の最終日!

昨年秋に行われました三度飯サンキュー39回目「ソーセージ祭り!」を思い出してみたいと思います。

 

それではレッツゴーです!

イェーイ!

二人が来てくれたらサイコーだろうよ、と。

夏のロックフェスで、ちょっとですが利益が出たんでそれでパーティしてやろうって思いがあったんですね。

そんでその少し前に金沢の某メロポチでソーセージの二人とたまたまご一緒させていただいて。

これはドカンと秋の大収穫祭的なパーティに二人が来てくれたらサイコーだろうよ、と。

フードもドリンクもがっつり用意して、みんなに楽しんでもらいたい。

ソーセージのライブも体感してほしいしね。

そういう計画でした。

元ネタは鬼才。

当日は昼過ぎからホンキーの舞台設営をしました。

コンセプトは楽しい楽隊。

当日の出演は、ソロで出る僕と、二人組のソーセージだったので、舞台でビッグバンドみたいな賑やかな感じにしたかった。

それで、ホンキーにあるアンプやらドラムやらいろいろをステージの周りにもう、ぎゅうぎゅうに配置したんですね。

これがよかった。

ほんで提灯やらもいろいろ配置して。

ミスターにも協力してもらいました。

こういうのは一人じゃなかなか大変ですから。

 

おかげでいい空間ができあがった。

ステージを取り囲む、なんと言うかコックピットというか、物に囲まれてるときの何とも言えない安心感を感じると言うか。

ステージに立つと妙な安心感があるんですね。

これはいい演奏をできる、と思った。

演奏者がステージでリラックスできるのは大事です。

ソーセージの二人はいろんな場所でやってるでしょう、だから大丈夫かもしれませんけど、僕なんかペーペーですからね。

こういう雰囲気は大事なんです(笑)。

 

で、実はこの構想は前からあって、それはそう、2013年の始めの三度飯のときに鬼才・垣田堂に空間演出してもらったんですが、そのときの演出方法からですね。

そのときの感じをもっとぎゅーっと凝縮した感じにできないか、とずっと考えてたんです。

自分で言いますがかなりいい感じになったと思います。

秋の大パーティ始まる!

という感じで気合い十分だったんですが、お客の入りはそうでもなくて。

まあ、そういうのよくありますね。

でも時間も来るし歌いだしたら結構入ってきてくれた、という感じでした。

フードも少しずつ出してもらって会場の雰囲気もかなりよくなってきてました。

ソーセージ登場!

で、僕も久しぶりだったのかな、存分に歌わせていただきましたね。

またまた自分で言いますが、結構いい感じだったかもしれませんね、はい(笑)。

で、お待ちかねのソーセージ登場!

 

この頃にはお客さんもかなり入ってくれて。

ずいぶん盛り上がりましたよ。

アメージンググレイスから始まったかな。

アンコールまでいっぱい演っていただきました。

僕はPAしながら汗かいたくらい。

やっぱりライブはいいな、と。

ライブの醍醐味をこれでもか、っていうくらい味合わせてもらいました。

 

とにかくパワフルなステージ。

メッセージもみんなに十分すぎるくらい伝わったんじゃないかな、と。

ソーセージの二人は音楽を通していろんな活動をされてますし、そういうことも音楽に反映されるんでしょう。

音楽を通してこんなにも言葉って伝わるんだ、と感じました。

そしてまた夜は更けるのです。

打ち上げでもずいぶん飲んで食って語って、楽しませてもらいました。

ソーセージのステージをみんなに観てもらえたっていうのも嬉しかったですね。

いいミュージシャンいっぱいいますし。

いろんなミュージシャンが来てくれるイベントにどんどんしていきたいと思う、今日この頃であります。

三度飯ロックフェス2014
三度飯40めがねスペシャル

7月30日(水)

溜まりBar夕焼け

~musica ishikawana~

「そんな Blues な!」

musica ishikawana(村本 守&垣田 堂)

BLUES蔵(=nob=&noppo)

オープン 19:30


スタート 20:00


チャージ 1,200円(1D付)

 

ひさびさの村本×垣田コラボ!